FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金継ぎ一年生

120605.jpg
「黄色い鳥器店」で金継ぎを習ったのはたしか1年前。
ということはまだまだ私も「金継ぎ一年生」ということで買った本です。
金継ぎ、最近は色んなところでワークショップとかもやっているので
習いに行くのオススメです。
とてもいい本でしたが砥の粉と漆の配合とか
感触で分かる部分もあるのでいきなりこれだけだと難しいかも…。
とはいえ忘れやすい私であるのでちょっとしたガイド的には優秀かと。

で、感想ですが、パテを使ってやる方法は食器に使うのは
少し抵抗があるものの速乾性や、扱いが簡単であるところは
いいのかもしれないです。
なにせ砥の粉でやるとヤスリがけが大変ですから。
でも、私は砥の粉でやるかな。
あと、ガラスの直し方とかあまり機会がなくて忘れそうなことも
しっかり解説してあるのは有り難かったです。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 今日/もの・コト All Rights Reserved.

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。